猫風邪と発熱


猫の発熱

猫が、食べない、元気がなくじっとしている、くしゃみしている、鼻水を流している、という症状を見かけたら、ほぼ、猫風邪だと思われます。

頭に手を当てて、熱があるかどうかをチェックしましょう。

いつもより熱いと感じたら、たいてい、発熱しています。

体温計で測ると、より的確です。

今後、どのようなケアが必要か、または、レメディーが必要かを判断するためにも、熱を測りましょう。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【その他厳選】Pet-Temp ペット用電子耳体温計 PT-300
価格:13166円(税込、送料別) (2017/6/12時点)



猫の平熱は、38.5度前後。

40度以上あったら、高熱です。


レメディーで応急処置

発熱していることを確認したら、基本キット中の 
Bell. ベラドーナ 30C 
を投与して、応急処置をしましょう。




そして、猫ホメオパスに連絡し、猫ちゃんに必要なレメディーを選択してもらって、投与しましょう。


強制給餌と強制給水

猫風邪である場合、発熱してから回復するまで、7日間から10日間はかかるかと思います。

猫も、発熱中は食欲がないものです。
食べないのなら、1食、または、2食は抜いた方が良いと思います。

しかし、水はたっぷりとらせましょう。
水を強制給水するか、獣医師に処方してもらって自宅輸液するのがおすすめです。

猫風邪などの感染症の場合、発熱し、24時間が経過して、高熱が下がって排尿し、多少回復にむかっても、すぐには食欲が戻らないものです。

ですので、積極的に強制給餌をしましょう。

猫への強制給餌のためのサイト を参考にしてください。

強制給餌に利用するウェットフードは、ジーウィピークのものがおすすめ。




すでに手作り生肉食を実践している飼い主さんは、手作り生肉食流動食 を給餌してね。


かかりきって治癒しよう

一般的な獣医療での投薬治療後、クシャミ、鼻水、目やにの症状が残り、いつまでたってもすっきりしない状態は、猫風邪が治癒していない状態です。

猫風邪は、かかってしまったら、しっかりとかかりきって、抑制せず、ホメオパシーでケアして、ちゃんと治癒すれば、生涯、2度とかからなくなるものです。

人の風邪やインフルエンザも同様です。